医療の世界に無くてはならない職業

医者と医薬品とをつなぐのがMRの仕事

MRを簡単に説明すると、医薬品を販売する営業マンのことです。MRになるためには、一般的に多いとされているのが、大学で医学について学び、その後MR認定試験に合格するという流れです。もちろん大学を卒業していなくて誰でも資格試験を受けることは可能ですが、一定の知識を有するため大学で勉強をしている方が合格しやすいといえるでしょう。また医薬品を取り扱うため、資格試験の合格度も難易度が高いといわれています。
晴れてMRの試験に合格をして実地で働くとなると、まずは管轄のクリニックに訪問をします。提携している医薬会社で作られている薬を各クリニックに売り込むのがメインのお仕事になりますが、ここで大変だといわれているのが人気のあるクリニックでは医者が時間をつくることが難しいため、何時間も先生待ちをする必要があります。こうして待っている時間も、しっかりと売り込むための戦略を考えることができるので良いのですが、人によっては大変だと感じることもあるでしょう。ですが、逆をいえばとてもやりがいのある仕事です。自分の売り込みたい医薬品を説明して納得してもらえれば契約へと進めることができ、それが自信の営業成績へと繋がります。このようにMRは、モチベーションを高めながら先進医療に貢献している素晴らしい仕事です。

MRの具体的な概要

皆さんは、MRという言葉を聞いたことはありますか?MRというのは、「Medical」「Representativ」eの頭文字を取った略語で日本語に訳すと、医薬情報担当者という職業名のことを指しています。では、この医薬情報担当者という仕事はいったいどのようなことをする仕事なのでしょうか?今回はMRについて書いていきたいと思います。
MRの業務内容は、主に病院の医師や調剤を行う薬剤師などに対して自社の薬に関する情報を提供するというものです。よく勘違いされている方に、薬を売る営業と思われている方もいらっしゃいますが、そうではありません。MRのやる事は、薬の営業をすることではなく薬の品質や有効性や安全性などの薬に関する情報を医療関係の方に提供するということで患者の治療の最適な処方薬として選ぶのは最終的には医師側になるためより具体的な薬に関する情報を知っているということが重要になります。
MRは仕事柄、医療の知識や薬の知識などが必要になってくるため多くの人は、医学部や薬学部の人ではないとなれない職業であると考えていると思いますが、実はそんなことはなく、理系ではなく文系の方でも十分になれる職業でもあります。

詳細かつ微妙な医療情報は人間を介してでなければ伝わらないことが多くあります。 MRへの転職をお考えであれば、一度当社にご連絡ください。主要製薬メーカーの動向をリアルタイムで配信しております。 履歴書・職務経歴書の作り方から面接対策もサポートいたします。 MRのメリット・デメリットを分かりやすくご説明いたします。 製薬業界は安定した産業で社員の待遇もいいというイメージから注目されています。 MRの転職求人サイトならこちら!

最新の記事

医療業界におけるポジション

医学の発展につながる仕事 MRは医薬情報の担当者として、開業医や病院のドクターに対し医薬品を安全で効果的に使えるように…

もっと読む

リアルなMRの待遇

MRの移動方法と車内ですること MRは車で移動します。これは例外がないので、運転免許がない人はMRにはなれません。運転…

もっと読む

きめ細やかな対応

MRの仕事の流れ 私がMRとして勤務していた際には、15人ほど社員で課が構成されており、さらにその中で3つのチームに分…

もっと読む

MRが働いている仕事風景

MRの体験談 私は以前、外資系製薬会社のMRとして勤務していました。MRは自主性が重んじられる職業で、普通の営業とは少…

もっと読む

Copyright(C)2017 知られざるMR(医薬情報担当者)の仕事を紹介 All Rights Reserved.