リアルなMRの待遇

MRの移動方法と車内ですること

MRは車で移動します。これは例外がないので、運転免許がない人はMRにはなれません。運転は最初は下手でも毎日乗っていればすぐに上達します。特に繁華街を担当エリアとする場合、道路も混雑し、最初は大変ですし、また道を覚えるのも大変です。
また、MRは待つことも仕事の一つであり、待ち時間になにをするかも大事になってきます。疲れていれば車内で寝るもよし、コンビニで軽食を買って食べるもよし、何をしても自由ですが、私は仕事をしていることが多かったです。MRは自主的な仕事とはいえ、上司への報告や、処方数の入力を行う必要があり、常にノートパソコンを持ち歩いていますので、社内でパソコンをいじって内勤をすることも多くあります。
会議の資料を作成したりすることもあり、車内での時間は非常に貴重な時間になります。私の勤務していた会社は提出物が多かったので、期限までに提出できるよう、社内ではしょっちゅう資料の作成を行っていました。
また、携帯電話は会社から貸与されたものを使っていましたが、非常に使いずらく、扱うのが面倒でした。運転中でも上司から否応なしに連絡がきますので、マイクを使って運転中でも会話できるようにしていました。

MRの一般的な給料

以前勤務していた外資系製薬メーカーでは、給料面ではそれなりに充実していました。同級生の話を聞いても私の方がかなり給料をもらっていた記憶があります。基本給の高さはもちろん、賞与も年3回支給され、入社直後の何も実績の無い状態にもかかわらず、かなりの金額をもらえました(他業種の同級生は寸志程度でした)。
また、福利厚生面でもかなり厚遇されており、家賃補助はかなり支給されていたので、東京の都心にかなり広めのマンションを格安で借りることができました。基本給に加えて、1日3000円の営業手当も支給され、これは非課税ですので、これだけでも1か月の交際費に使えました。ノルマは厳しいですが、達成すればインセンティブはどんどん上がりますし、仮にノルマを達成できなくても最低限度の賃金からは下に落ちることもないので、精神的には少し楽です。勿論、あまりにノルマを達成できない場合には、上司から圧をかけられたり、へき地に異動という形で返ってきます。
しかし、地方でも基本給は変わらないので、働く場所を選ばないのであれば問題ないと思います。金銭的に困窮することはなく、むしろかなりの好待遇ですので、お金がモチベーションになるような人には向いている職業だと思います。

最新の記事

医療業界におけるポジション

医学の発展につながる仕事 MRは医薬情報の担当者として、開業医や病院のドクターに対し医薬品を安全で効果的に使えるように…

もっと読む

リアルなMRの待遇

MRの移動方法と車内ですること MRは車で移動します。これは例外がないので、運転免許がない人はMRにはなれません。運転…

もっと読む

きめ細やかな対応

MRの仕事の流れ 私がMRとして勤務していた際には、15人ほど社員で課が構成されており、さらにその中で3つのチームに分…

もっと読む

MRが働いている仕事風景

MRの体験談 私は以前、外資系製薬会社のMRとして勤務していました。MRは自主性が重んじられる職業で、普通の営業とは少…

もっと読む

Copyright(C)2017 知られざるMR(医薬情報担当者)の仕事を紹介 All Rights Reserved.