医療業界におけるポジション

医学の発展につながる仕事

MRは医薬情報の担当者として、開業医や病院のドクターに対し医薬品を安全で効果的に使えるように、様々な情報提供を行うことが主な仕事内容です。いわば薬の営業のようなものになります。その為には、医薬に関する豊富な知識だけではなく、いかに自社の薬が優れているか、他社との違いは何かを上手くドクターにPRできるかが重要になってきます。扱うものが人体に影響を与える薬だけあって、その責任は重大なものです。
すでに他社の製品を使っているドクターに対し、他の薬に変更してもらうというのは至難の業です。それだけの説得力があるのか、またそのドクターからの信頼を得ているかどうかもMRとしての仕事がうまくいくかどうかの決め手となります。その為に毎日のように医療機関や薬局に足を運び、ドクターや薬剤師の人に情報提供をしていきます。また、実際に薬を使用してみた患者さんの感想などをドクターから聞き会社に持って帰ることも重要な役割です。
薬には副作用もつきものです。薬のいいところばかりを取り上げるのではなく、よりいいものへと進歩させる為の情報収集はMRの大事な仕事です。基本的にはドクター相手の仕事になるのでなかなか大変な面もありますが、医薬の発展の為にやりがいを感じることのできる仕事ではないでしょうか。

医療業界を支えるプロ

MRというのは、ざっくりいうと製薬業界の営業担当者のことです。主な仕事内容は、お医者さんに自社で開発された薬を紹介することですね。しかしそれだけではなく自社で開発された薬が実際の医療現場で使われたときに、薬の効果が良かったかや他に出てきた効能は無いかなどを、お医者さんからフィードバックしてもらうのも大事な仕事の1つです。フィードバックされた内容が、新たな薬の開発に繋がる可能性だってあるでしょう。このようにMRというのは実際の医療現場の情報も収集することができるので、より良い薬を作る人々のうちの1人といっても良いかもしれません。
またMRはお医者さんだけでなく、同じ会社のMR同士でも薬について話し合うときがあります。かしこまった会議などではなくとも、休憩時間のときに「この薬にはちゃんとこういう効果が出ていた」といったような、お互いの情報交換を行っているMRの人々もいます。こういう機会があれば、自分がまだ扱っていない薬の現状についても知ることができるので、その薬の情報をもとに、またお医者さんにその薬を紹介できるチャンスが生まれることだってあるでしょう。これらのことからMRとは、医療の現場に貢献することができる職業だと言えますね。

最新の記事

医療業界におけるポジション

医学の発展につながる仕事 MRは医薬情報の担当者として、開業医や病院のドクターに対し医薬品を安全で効果的に使えるように…

もっと読む

リアルなMRの待遇

MRの移動方法と車内ですること MRは車で移動します。これは例外がないので、運転免許がない人はMRにはなれません。運転…

もっと読む

きめ細やかな対応

MRの仕事の流れ 私がMRとして勤務していた際には、15人ほど社員で課が構成されており、さらにその中で3つのチームに分…

もっと読む

MRが働いている仕事風景

MRの体験談 私は以前、外資系製薬会社のMRとして勤務していました。MRは自主性が重んじられる職業で、普通の営業とは少…

もっと読む

Copyright(C)2017 知られざるMR(医薬情報担当者)の仕事を紹介 All Rights Reserved.